気になる陰茎増大の値段と必ず気を付けたいポイント

陰茎の長さが足りない、細いなど男性器にコンプレックスを感じている人は多いのでないでしょうか。
すぐに悩みを解消したい、男性としての自信をつけたいのであれば、陰茎増大治療も考えていきたいところです。
こうした治療は、頻繁に行うものではないこともあり、どのような治療をすれば良いのか、値段はいくらぐらいになるのかも気になるところです。
ここからは、男性に人気の高い陰茎増大治療の特徴や、治療の値段について書いていきます。
そして、気を付けたいポイントについても書いていきます。
治療を検討している人、陰茎増大術に関心をお持ちの方はぜに参考にしてください。

保険適用はできない治療

男性器のサイズで悩む人は少なくありませんが、成人してからでは大幅なサイズアップは厳しいものがあります。
増大サプリメントやトレーニング器具などを使ってサイズアップの努力をしている人もいますが、すぐに結果が得られるわけではありません。
できるだけ早く悩みを解消したいのであれば、陰茎増大術も検討してみてはいかがでしょうか。
この治療は、その名前の通り陰茎のサイズアップを目指す治療です。
亀頭部分のみを増大することもできますし、長さを出す、太くするなど希望に応じて最適な治療が選ばれることになります。
陰茎増大の値段はいくらぐらいになるのかも気になるところですが、この治療は自由診療になることは理解しておきましょう。
多くの男性の悩みである包茎治療では、症状によっては病気と判断され保険適用できる例もあります。
真性包茎の場合は、性行為がスムーズにできない、痛みを伴うなど様々な症状が出るので疾患として認められており、保険適用の手術を選ぶことができます。
陰茎増大の場合は、特に機能には問題がなくサイズに不満があることで、見た目を改善する治療になります。
それゆえ、美容医療と同じような部類に入るので保険適用はされません。

どのような治療が用意されているのか

陰茎増大術は、具体的にどのように行われるのかも知っておきたいところです。
陰茎増大にも様々な治療があり、選ぶ治療によっても値段は変わります。
治療は大きく分けて薬剤を注入する方法とシリコンを挿入する方法があります。
いずれの場合も30分程度と短時間で行うことができ、大きくバランスの良い見た目にすることができます。
シリコンの挿入は、注入系の治療に比べると大変というイメージもありますが、そのかわり効果は半永久的です。
注入系の治療は、注射のみで行うことができますが、ヒアルロン酸などは体に少しずつ吸収されていくので、効果が切れたと感じたら治療を繰り返す必要があります。
注意したいポイントとしては、注入系の治療は一回の施術料金は安く済むことも多くなっていますが、繰り返しの施術になるとトータルでは高くなることは理解しておきたいところです。
とはいえ、注入系の治療も欠点ばかりではありません。
シリコンを挿入した場合は、仕上がりに納得できないとシリコンを取り除く治療も必要になりますが、注入系の治療なら元の状態に戻すこともできます。
極細の針を使って注入しますので、傷跡が残る心配もほとんどありません。
注入量を調整できるので、細かなデザインに対応できるのもメリットです。

クリニックごとに値段は変わる

陰茎増大治療をする際に、気をつけたいポイントとしては医療機関ごとに値段は変わるということです。
適正価格であるかどうかを調べたい場合は、複数のクリニックで治療費を比較してみると良いでしょう。
比較的簡単な治療というイメージもありますが、良い仕上がりにするためには優れた技術力とセンスの良さも重要になります。
熟練の医師が担当してくれるかどうかは良く調べておきましょう。
それから、デリケートな部分の治療になりますので、痛みも気になっている人も多いのではないでしょうか。
治療中は麻酔をするので、痛みの心配もありませんが、痛みに弱い人は麻酔を打つ際の痛みへの配慮もきちんとしているクリニックを選んでおくと安心です。
麻酔が切れたあとの痛みに関しては、痛み止めが処方されますので、それで対応することになります。
治療は安全に行われていますが、もしもの不具合に備えてアフターケアが万全なクリニックを選んでおきましょう。
陰茎増大の治療は一種類だけでも、良い効果を期待できますが、複数の治療を組み合わせることでより理想的な外見を得ることもできます。
複数の治療を希望する場合は、同時に施術が可能であるかどうかを確認しておきましょう。

まとめ

陰茎増大は、男性器をより太くたくましく見せてくれる治療です。
見た目を改善することが目的なので、保険適用はされないことは知っておきましょう。
治療にも色々な種類があり、少しずつ元の状態に戻るものもあれば、半永久的に効果を維持できるものもあります。
治療内容や持続期間も比較して自分に合う治療方法を選んでいきたいところです。
値段は、選ぶ治療によってもかなり変わりますし、クリニックによっても治療費には差があります。
良い仕上がりを得るためには、技術力の高い医師に担当してもらうことも大事です。
治療を申し込む前には、医師の情報もしっかりと調べておきたいところです。